書き終わったブログのチェックリスト

 

ブログは書き終わってからが勝負です。文章をより良くするために、間違いや違和感のある箇所を改善したりします。この推敲を行うことで良い文章ができます。

文章の13のチェック項目

ブログの文章で必ず確認すべき項目です。

  • 結論が先にきているか?
  • 論理的で分かりやすい見出し構成になっているか?
  • 上位競合サイトのトピックが網羅できているか?
  • オリジナルトピックが30%以上入っているか?
  • スムーズで読みやすい文章になっているか?
  • 語尾・副詞・表現が重複しているか?
  • 適度な装飾が行われているか?
  • 強調する箇所を誤っていないか?
  • 適度な空白・ビジュアル要素があるか?
  • 読みにくい漢字・専門用語はないか?
  • 魅力的なタイトルになっているか?
  • ユーザーのニーズが解決されているか?
  • 正確な情報が掲載されているか?

結論が先にきているか?

WEBライティングは、「結論を先に書く」が基本です。WEBの文章は、小説など紙の媒体のように、最初から最後まで読むユーザーは稀です。ざっと流し読みをされることが大半です。 ユーザーが手っ取り早く情報を得られるように、結論を先に書くことが重要です。

分かりやすいブログの構成とは? - SEOを気にするサイト

論理的で分かりやすい見出し構成になっているか?

見出し構成とはブログ構成のことです。分かりやすい論理的な見出し構成は、ブログの全体がユーザーと検索エンジンに伝わりやすくなります。 ユーザーが理解しやすい話題の順序になっているか。h1を複数のh2で構成されて、さらに各h2を複数のh3・h4で支えている構造になっているか。h1/h2/h3/h4の階層の語句がユニークになっているかを確認してください。

分かりやすいブログの構成とは? - SEOを気にするサイト

上位競合サイトのトピックが網羅できているか?

ユーザーが何を求めて、このキーワードで検索したかが一番表されるのは、検索結果の上位にある競合サイトのページです。 上位に表示されているということは、検索エンジンが高評価を与えています。つまり、検索意図を反映している内容を作るためには、上位競合サイトに書かれている話題を、自身の各ページでも網羅する必要があります。

オリジナルトピックが30%以上入っているか?

検索意図を満たした文章にするには、検索結果の上位にある競合サイトのトピックを網羅する必要があります。しかし、完全に同じ情報を書いてしまうとパクリになり、オリジナリティがなければ検索エンジンから評価を受けられません。
目安として、ページのオリジナルの情報が30%以上入っているようにしましょう。

スムーズで読みやすい文章になっているか?

スムーズに読みやすい文章になっているかは重要です。読みやすいかの判断方法としては、実際に声に出して読んでみましょう。途中で詰まったり、読みづらければ、修正をしていきましょう。

語尾・副詞・表現が重複しているか?

同じ語尾が連続している文章は、稚拙な印象を与えます。
副詞・表現が重複することも、よくある誤りの一つです。このような誤りはライティングの際には、意外と気づかないことが多いです。推敲の際に注意して確認するようにしましょう。

【初心者必見】ブログの文体統一とは? - SEOを気にするサイト

適度な装飾が行われているか?

文章の装飾は、文章を読みやすくしたり、大切な箇所を強調するために効果があります。過剰に装飾するとかえって文章を分かりづらくしてしまいます。 文章の推敲をする際は、文章のミスだけでなく、装飾になっているか、読みやすくなっているかもチェックしましょう。

強調する箇所を誤っていないか?

装飾の方法を確認することはもちろん、「装飾で強調する箇所は本当にそこで良いのか?」についても注意して確認しましょう。 目安としては、強調した部分だけを読んでも内容がわかるようになっていれば大丈夫です。

適度な空白・ビジュアル要素があるか?

文章の中に適度なタイミングで空白やビジュアル要素が入っていることも重要です。ビジュアル要素とは、画像・図表・箇条書き・ボックス(囲み)・吹き出しなどを指します。 テキストだけがダラダラと長く続いてしまっていないか、途中で見せ方を変えて、ユーザーが集中力を保てるようにしましょう。

読みにくい漢字・専門用語はないか?

文章の中に読めない漢字や専門用語が使用されていると、ユーザーにストレスがかかり離脱する可能性があります。 難しい漢字がないかをチェックし、あれば読み仮名・ふりがなを加えましょう。また、専門用語はなるべく減らし、どうしても使用する場合は解説を添えておきましょう。

魅力的なタイトルになっているか?

ユーザーが最初に目にする箇所は、文章タイトルです。タイトル次第でその文章が読まれるかどうかが決まってしまいます。 ライティングが完了した際は、タイトルが内容を正しく表現しているか、またユーザーが読みたくなるようになっているかを確認しましょう。

ユーザーのニーズが解決されているか?

WEBライティングで重要なことは、ユーザーのニーズ(悩み・課題)が解決されること、解決できるような答えを提示することです。 SEO的には表現するのであれば「ユーザーの検索意図を満たすこと」です。

【SEOでは重要】検索クエリの意図を解釈するには? - SEOを気にするサイト

正確な情報が掲載されているか?

商品名・サービス名などの商標や人名、地名などの固有名詞に間違いがないかを確認する。また、書かれている内容も真実なのか確認しましょう。

読みやすいブログの文章表記とは? - SEOを気にするサイト