売れるブログで書くべきこと

 

商品のスペックを詳しく書かれても商品は売れません。商品を売るには、その商品を手に入れることで手に入る「具体的なメリット」や「明るい将来」を想像してもらう必要があります。「物」ではなく「物語」を売るべきです。

ユーザーが求めていることとは?

ユーザーがブログを読む目的とは、自身で抱えている悩み・課題・欲求を解決することです。何か知りたい情報や解決したい問題があるから、インターネットで検索して解決方法を探しています。 物を売る文章とは、ユーザーの問題が解決された将来を提示することなのです。

「このブログではあなたの課題を解決できます!」
「この商品を購入するとこんなにいいことがあります!」

というような明るい将来像を、ユーザーに想像してもらうように文章を作成しましょう。

  • あなたの人生が180度変わります!
  • 異性の反応が、今までとは全く変わりました!
  • 最近よく〇〇になったね!と言われるようになって嬉しい!
  • 長年〇〇に悩んでいましたが、今はすっかり解決しとても幸せです!

商品のスペック(機能、効能、重量など)を記載しがちですが、それよりも明るい将来像を提示しましょう。

ユーザーを動かす物語を売ろう

スペックだけを記載するのではなく、物語も含めましょう。 売れる文章を作るには「心を動かすストーリー」「リアリティのある体験談」が必要です。

  • ユーザーを感動させるストーリー
  • ユーザーの共感を誘うエピソード
  • その商品を購入することで実現する幸せな未来像
  • 実際に経験した話やその感想
  • 喜怒哀楽を表現した文章

実際に購入していろいろ使用してのリアルな意見や正直な感想。その商品を購入することで得られるメリットを想像できるような物語。 実際の商品を使っている写真や、動画を設置することも効果的です。 「心・感情」があるか、情景が想像できる「リアリティ」が存在するかです。これがない文章は取扱説明書と同じです。

個人メディアを運営するために

近年のSEOは、企業や公式が評価を受けやすいです。その中で個人メディアが生き残るのは難しいです。しかし、個人メディアが企業に勝つには、戦略が必要になります。その一つが「エモさ」「著者の感情」「リアリティ」などを取り入れたコンテンツです。

企業は個人の主観での体験談を作ることが難しいです。実際に商品のレビューや口コミなどの情報は、個人メディアが強い分野になります。 今後、生き残るには「エモさ」「著者の感情」「リアリティ」が必要不可欠です。

 

seo-taro.hatenablog.com

 

メリット・デメリットを提示する

商品やサービスを紹介する際には、メリットだけでなくデメリットも提示しましょう。 物を売るには、信用・信頼が大切です。ですから商品・サービスをおすすめする文章を書く際は、デメリットも正直に提示しましょう。 デメリットについても伝えた方が納得感や好感が増え、結果的にユーザーの信頼を得られるのです。

解決策をセットで提示する

デメリットを伝えると言っても、ただ悪い部分を書くだけではダメです。デメリットを書いたら、その解決策や代替案もセットで提示しましょう。 そうすると、何も購入せず離脱される機会ロスを避けることができます。

解決策をセット例

  • 〇〇には〇〇というデメリットがありますが、それは〇〇することで解決できます。
  • 〇〇は〇〇に比較すると〇〇の点で劣っています。〇〇な人は気にする必要はありません。
  • 〇〇は値段は高めですが、〇〇したらもっと金額負担が多くなってしまいます。