スパム評価になる価値の低いコンテンツとは?

 

Google検索エンジンから高い評価を得るために、コンテンツに関する不正な行為(コンテンツスパム)が横行する時期がありました。 検索結果がユーザーにとって価値のないページが増加することを防止するため、検索エンジンは低品質なコンテンツのWEBページの評価を下げるアルゴリズムへと改善されました。これが「パンダアップデート」と呼ばれるものです。

パンダアップデートでは、価値の低いコンテンツに対してペナルティを科しています。

パンダアップデートのペナルティ対象

  • コピーコンテンツ、ミラーサイト
  • 自動生成コンテンツ
  • キーワードの詰め込み
  • 広告のみで構成されたコンテンツ

コピーコンテンツ、ミラーサイトとは

他サイトのコンテンツをコピーしたものは、ユーザーに独自の価値を提供できないため、Google検索エンジンから低評価と判断されます。 サイト全体を完全にコピーしたものを「ミラーサイト」と呼びます。

他人のコンテンツを盗んだ場合

他人のコンテンツを盗んでいる場合、盗用コンテンツは全て削除し、独自の価値を付与したコンテンツで新たに作成します。 他サイトから完全にコピーしたコンテンツだけでなく、部分的に語句を変換したものも、検索エンジンはコピーコンテンツとして認識できるため評価が下がります。 そもそも、無断複製は著作権侵害になります。

コンテンツとして、他者の著作物を引用する必要がある場合は、必要な箇所にだけ引用して、引用元ページを記載してリンクを設置しましょう。 引用は、あくまでもユーザーにとって価値あるコンテンツの補足です。引用がメインコンテンツになると、コピーコンテンツと判断されることに注意しましょう。

引用文には引用タグを設置します。

q要素
開業を必要としない程度の短い文章の引用・抜粋する際に使用する
blockquote要素
比較的長めの文章を引用・抜粋する際に使用する

自身のコンテンツが盗まれた場合

自身のコンテンツが盗まれた場合、自分では把握していないところで発生しているので、自サイトの順位が極端に下がったり、インデックスされなくなったり、盗用被害に気づかないこともあります。 そのため、コピーチェックツールを利用して、自身のコンテンツの盗用が発生していないかを定期的に確認しておきましょう。

サービス名 料金 機能 URL
コピペリン 有料 自サイトURLを指定して、WEB上のページに自社コンテンツと類似したものがないか確認できる https://saku-tools.info/copyperin/
Copy ContentDetector 無料 1文章4,000文字までのコピーチェックが可能で、多くのコンテンツに対応可能 https://ccd.cloud/

コピーチェックツールは盗用被害だけでなく、自身のコンテンツのライティングが他者のコンテンツを盗用していないかの確認もできます。

自身のコンテンツが盗用されたことが判明した場合、Googleの専用フォームで著作権侵害コンテンツを申請します。(https://support.google.com/youtube/answer/2807622?hl=ja&ref_topic=9282363アメリカで定められているデジタルコンテンツの不正コピーからオリジナルコンテンツを守る法律である「デジタルミレニアム著作権法DMCA)」に基づき、著作権を侵害しているページを申請するフォームが設置されています。

フォームから申請することでコピーコンテンツの存在を知らせることができます。 Googleはユーザーからの申請を受理した後、盗用した疑いのあるコンテンツ所有者に申請を連絡し、盗用の事実を確認できれば、盗用コンテンツを検索結果のインデックスから削除します。

自身のサイト内コンテンツを使いまわす場合

自身のサイト内で、重複コンテンツが生じている場合に該当します。

  • 大部分が重複している場合:1URLへ正規化します
  • 一部が重複している場合:同一の内容を扱っている場合、重複したコンテンツを1ページに統一しましょう。異なる内容を扱っている場合、片方にリンクを設置して、内容に即したコンテンツを各ページに掲載し、オリジナリティを高める

自動生成コンテンツ

「自動制作コンテンツ」とは、プログラムによって自動的に生成されたコンテンツを指します。自動生成コンテンツは、人には意味を理解できない無意味な文章ではあるものの、特定の検索キーワードを含むテキストとして、過去に検索エンジンから評価されていました。

  • 自動翻訳ツールを利用して、海外のコンテンツを日本語に機械翻訳した文章
  • ワードサラダツールを利用して、類義語生成により生成された文章

キーワードの詰め込み

対策キーワードで検索結果上位に表示されるために、キーワードを文章中に大量に詰め込む方法が一時期流行しました。 コンテンツの可読性を考慮して、意図的なキーワードの詰め込みはやめておきましょう。

広告のみで構成されたコンテンツ

広告として商品を紹介するコンテンツでは、多くの他サイトと類似性が高い商品説明が記載されているケースがあります。そうしたWEBサイトは、オリジナリティがないものとして、検索エンジンから低評価を受けます。 アフィリエイトサイトなど、広告でのマネタイズを主にしていることが悪いのではなく、ユーザーに独自の価値を提供できない部分が問題です。 独自の調査した内容や体験を踏まえて、商品紹介するなどの独自価値を提供できるようにしましょう。